ブリヂストンのドライバー

日本大手メーカーの一つ、ブリヂストンのドライバーについて、口コミや評判、商品の特徴などをまとめました。

日本大手メーカーの安定感・ブリヂストンのドライバーの口コミは?

ブリヂストンは、日本の大手メーカーの一つ。プロ選手が使っていたことからより注目されるようになった経緯があります。

最新モデルであるTOUR B JGRでは、ブリヂストンならではの「接点の科学」が活きた性能となっています。そんなブリヂストンのドライバーについて、特徴や口コミを見ていきましょう。

ブリヂストンのドライバーの特徴

接点の科学

ボールとクラブが触れるのはわずか1/2000秒という短い時間のこと。この間にボールの弾道や勢いが決まるわけです。

この超高速で起こる現象を、ブリヂストン独自の技術で科学的に解析。これによってスピンをコントロールする「POWER MILLING」という技術を生み出しました。

サスペンションコア

同じくブリヂストン独自の技術である「サスペンションコア」によって、反発性能を向上させています。ソールを固め、クラウンをたわませる「ブーストパワーテクノロジー」によって、初速を高め、さらに飛距離を生み出すという技術も採用。

独自技術で飛ばすドライバーをつくることができるのは、まさにブリヂストンならでは。

ブリヂストンのドライバーの口コミ・評判

ヘッドスピードが遅くても直進性の高い球が打てる

打ち出しの初速が速くて、まっすぐに球が飛んでいくドライバーです。左にいってしまう心配はなくて、ヘッドスピードが遅くてもスライスになりません。打感は柔らかく、音も落ち着いていていいバランスだと思いました。

実際よりも短いようなフィーリングで、グリップが太めなので、迷うことなく振り切ることができ、それが球筋の安定につながると思います。安心して振り切ってまっすぐな球が打てることが魅力です。

参照元:GDO(https://lesson.golfdigest.co.jp/gear/catalogue/driver/gca000007647701.html)

製品の飛距離性能がかなり上がってきている

捕まりと上がりに定評があった名器「JGR」よりも、さらに飛距離性能が出たクラブが生産されています。飛距離性能が上がっただけでなく、打感やコントロール感も上がったように思いました。

当たりが厚く、押せるフィーリングがあります。これは確かに飛ばせる、と感じました。

参照元:ALBA(https://www.alba.co.jp/gear/column/article?title_id=32&id=2373)

ブリヂストンのドライバーの商品例

TOUR B JGR

ブリヂストン_ドライバー製品画像

画像引用元:ブリヂストン公式HP(https://www.bs-golf.com/bs-products/tourb/jgr/)

ヘッド素材/フェイス素材 Ti811チタン合金、タングステンネジ/6AL-4Vチタン合金
ヘッドの体積 460cc
ロフト角/ライ角/フェイス角 9.5°、10.5°/59°
重心高・距離・角・深度 記載なし
価格 74,800円(税抜)

PHYZ Driver

ブリヂストン_ドライバー製品画像

画像引用元:ブリヂストン公式HP(https://www.bs-golf.com/bs-products/club/driver/phyz5.html)

ヘッド素材/フェイス素材 Ti811チタン合金、ステンレスウエイト、スーパーターボラバー、ハーモニックメタル/6AL-4Vチタン合金
ヘッドの体積 460cc
ロフト角/ライ角/フェイス角 9.5°、10.5°、58°
重心高・距離・角・深度 記載なし
価格 72,000円(税抜)
CHECK
実際に振ってみた!
飛ぶドライバー3本の飛距離

HSやHCの違う三人のプレイヤーそれぞれが、3本ドライバーを実際に試打してみました。

Lindy

シャフト開発の匠・CRAZYが生み出した、シングルを目指すためのドライバーのようです。

最高飛距離 255yd

Lindyを
公式HPで詳しく見る

MAXIMAⅡ typeD

リョーマがこれまでのデータの粋を集めて作り出した、集大成ともいえる製品です。

最高飛距離 228yd

MAXIMAⅡ typeDを
公式HPで詳しく見る

NEW egg 5500

プロギアが何よりも「やさしさ」を意識して開発した、アベレージ向け製品です。

最高飛距離 217yd

NEW egg 5500を
公式HPで詳しく見る

令和の飛ぶドライバー
検証動画をチェック!