バルドのドライバー

国内のクラブメーカーであるバルド。そのドライバーについて、口コミや評判、製品の特徴をまとめました。

優れたデザインが飛びを生み出す、バルドのドライバー」

バルドは、「機能と性能を表現するデザイン」をポリシーとして、クラブの設計開発を行っているメーカーです。厳格に管理された品質やフォルムの均質性はもちろん、デザインからその性能を感じ取れるようなものを目指しているとのこと。

そんなバルドのドライバーについてリサーチしてみました。

バルドのドライバーの特徴

ゴルファーに飛びを連想させる「KAMIKAZE」

KAMIKAZEというコードネームで開発された、バルドのドライバー。インパクトの時にボールへのパワー伝達が向上するようなデザインが施されています。具体的にはエアロフォルムデザインや、フェイスのレーザーミーリングスコアラインといった工夫がなされています。

ボールとフェイスが正確にコンタクトすることで、適正なスピンをボールに与えることができます。しかも、これらのデザインがルックス面でも「これなら飛ぶ」と思わせるところがバルドの魅力なのです。

バルド打感

五感に訴えかけるような、心地よいフィーリングが味わえるインパクトは、メーカーが「バルド打感」と呼ぶもの。ボディやフェイスの構造、特殊熱処理など、打感にもこだわって作られていることがわかります。

バルドのドライバーの口コミ・評判

いきなり芯をヒット!強弾道が期待できる

試打してみると、いきなり芯をヒットしてストレートな弾道となりました。風が強めに吹いている時でもまるで無風のように飛び、落ち側まで勢いが持続する感じです。スピンが少なく、強い球が打てます。ボールの反発を生かして飛距離を稼げるドライバーだと感じました。

参照元:マーク金井ブログ(http://www.analyze2005.com/mkblogneo/?p=12386)

フェイスにボールが乗ってしっかり押せる

デザインはバツグン!構えやすいだけでなく、小ぶりな形状なのでシャープに振れます。イメージした通りにヘッドが動くと感じました。打感としては、ボールがフェイスに乗っている時間が長いような感覚で、しっかり押せるイメージが湧きます。そして何より飛びます!私のエースドライバーに決まりました。

参照元:第一ゴルフ 楽天市場(https://www.rakuten.ne.jp/gold/daiichigolf/video/baldo568_420_review.html)

バルドのドライバーの製品例

Strongluck 460

バルド_ドライバー製品画像

画像引用元:mycaddie(https://mycaddie.jp/detail_PID_9746.htm)

ヘッド素材/フェイス素材 記載なし
ヘッドの体積 460cc
ロフト角/ライ角/フェイス角 8.5〜11°/59°/±0
重心高・距離・角・深度 36.5mm/40mm/39mm/25°
価格 65,000円(税抜)

Strongluck 420

バルド_ドライバー製品画像

画像引用元:mycaddie(https://mycaddie.jp/detail_PID_9747.htm)

ヘッド素材/フェイス素材 記載なし
ヘッドの体積 420cc
ロフト角/ライ角/フェイス角 8.5〜11°/59°/±0
重心高・距離・角・深度 36.5mm/40mm/39mm/25°
価格 65,000円(税抜)
CHECK
実際に振ってみた!
飛ぶドライバー3本の飛距離

HSやHCの違う三人のプレイヤーそれぞれが、3本ドライバーを実際に試打してみました。

Lindy

シャフト開発の匠・CRAZYが生み出した、シングルを目指すためのドライバーのようです。

最高飛距離 255yd

Lindyを
公式HPで詳しく見る

MAXIMAⅡ typeD

リョーマがこれまでのデータの粋を集めて作り出した、集大成ともいえる製品です。

最高飛距離 228yd

MAXIMAⅡ typeDを
公式HPで詳しく見る

NEW egg 5500

プロギアが何よりも「やさしさ」を意識して開発した、アベレージ向け製品です。

最高飛距離 217yd

NEW egg 5500を
公式HPで詳しく見る

令和の飛ぶドライバー
検証動画をチェック!